English
 
製品情報
ホーム > 製品情報 > Q&A > Q7の回答

Q&A

溶接記号を簡単にまとめてみました。この資料で解らない場合は、溶接の専門書を購入することをおすすめします。
溶接記号

表1 基本記号

(JISZ3021抜粋)
溶接部の形状 基本記号 備   考
両フランジ形 両フランジ形 -
片フランジ形 片フランジ形 -
I形 I形 アプセット溶接、フラッシュ溶接、摩擦溶接などを含む。
V形、両面V形(X形) V形、両面V形(X形) X形は説明線の基線(以下基線という。)に対称にこの記号を記載する。
アプセット溶接、フラッシュ溶接、摩擦溶接などを含む。
レ形、両面レ形(K型) レ形、両面レ形(K型) K形は基線に対称にこの記号を記載する。記号の縦の線は左側に書く。
アプセット溶接、フラッシュ溶接、摩擦溶接などを含む。
J形、両面J形 J形、両面J形 両面J形は基線に対称にこの記号を記載する。記号の縦の線は左側に書く。
U形、両面U形(H形) U形、両面U形(H形) H形は基線に対称にこの記号を記載する。
フレアV形
フレアX形
フレアV形、フレアX形 フレアX形は基線に対称にこの記号を記載する。
フレアレ形
フレアK形
フレアレ形、フレアK形 フレアK形は基線に対称にこの記号を記載する。
すみ肉 すみ肉 記号の縦の線は左側に書く。並列溶接の場合は基線に対称にこの記号を記載する。
ただし千鳥溶接の場合は、次の記号を用いることができる。千鳥溶接の場合(1)千鳥溶接の場合(2)
プラグ、スロット プラグ、スロット -
ビート、肉盛 ビート、肉盛 肉盛溶接の場合はこの記号を二つ並べて記載する。
スポット、
プロダクション、
シーム
スポット、プロダクション、シーム 重ね継手の抵抗溶接、アーク溶接、電子ビーム溶接等による溶接部を表す。
ただし、すみ肉溶接を除く。
シーム溶接の場合は、この記号を二つ並べて記載する。

表2 補助記号

区   分 補助記号 備   考
溶接部の表面形状 たいら たいら -
と つ とつ 基線の外に向かってとつとする。
へこみ へこみ 基線の外に向かってへこみとする。
溶接部の仕上方法 ピッチング ピッチング -
研 削 研削 グラインダー仕上げの場合
切 削 切削 機械仕上げの場合
指定せず 指定せず 仕上げ方法を指定しない場合
現場溶接 現場溶接 全周溶接が明らかなときは省略しても良い。
全周溶接 全周溶接
全周現場溶接 全周現場溶接

溶接する側が矢の反対側または向側のとき

溶接する側が矢の反対側または向側のとき
①仕上方法記号 ⑨矢
②表面形状記号 ⑩溶接の種類の記号
③開先角度 ⑪琴線
④ルート間隔 ⑫点溶接またはプロジェクション溶接の数(基線の上側に書いてもよい)
⑤寸法または強さ ⑬特別に指示した事項
⑥現場溶接記号 ⑭断続溶接の長さあるいは必要な場合は溶接の長さ(抵抗溶接のときは書かない)
⑦全周溶接記号 ⑮断続溶接のピッチ、点溶接のピッチまたはプロジェクション溶接のピッチ
⑧引出線 ⑯尾(特別な指示をしないときはこれを使わない)

溶接する側が矢のある側または手前側のとき

溶接する側が矢のある側または手前側のとき
①点溶接またはプロジェクション溶接の数(基線の上側に書いてもよい) ⑨仕上方法記号
②溶接の種類の記号 ⑩断続溶接の長さあるいは必要な場合は溶接の長さ(抵抗溶接のときは書かない)
③特別に指示した事項 ⑪断続溶接のピッチ、点溶接のピッチまたはプロジェクション溶接のピッチ
④尾(特別な指示をしないときはこれを使わない) ⑫琴線
⑤寸法または強さ ⑬矢
⑥ルート間隔 ⑭引出線
⑦開先角度 ⑮現場溶接記
⑧表面形状記号 ⑯号全周溶接記号

ページトップへ