English
 
製品情報
ホーム > 製品情報 > Q&A > Q5の回答

Q&A

以下に銅合金の種類と、溶接方法について記します。
銅および銅合金の溶接における溶加材選択
(TIG用の場合は銘柄の頭に"T-"を、MIG用の場合には"M-"を付して下さい。)
  炭素鋼 砲 金 ニッケル
青  銅
アルミニウム
青  銅
燐青銅 珪素青銅 黄 銅
CU-2
CUL
CU-2
CUP-C
CU-2
CUL
CU-2
CUL
CU-2
CUP-C
CU-2
CUS
CU-2
CUL
黄  銅 CU-2
CUL
CUP-C CU-2
CUL
CUL
CUS
CUP-C CUL
CUS
CUL
CUP-C
珪素青銅 CU-2
CUL
CUP-C
CUS
CU-2
CUL
CUL
CUS
CUP-C
CUS
CUS  
燐青銅 CU-2
CUP-C
CUP-C CUP-C CUP-C
CUL
CUP-C  
アルミニウム
青  銅
CU-2
CUL-A
CUP-C
CUL
CUL CUL
CUL-10
 
ニッケル
青  銅
CU-2
CUL-A
CUP-C CUL
CUL-A
 
砲  金 CU-2
CUP-C
CUP-C  
(注)銅、アルミニウム青銅、黄銅等については同種材異種材とも容易に溶接でき、溶接製も良好ですが、珪素青銅、キュプロニッケル、燐青銅、砲金等は熱間脆性を有するため、溶接の際、施工法、溶加材の選択には十分な注意が必要です。黄銅と黄銅の溶接の場合高い機械的強度を必要とするときは(T)(M)-CUL、その他の場合は(T)(M)-CUP-Cを用います。

銅および銅合金各種母材に対する予熱および層間温度
次表は銅および銅合金の溶接における一般的な予熱および層間温度であります。
母材 予熱および層間温度(℃)
350〜500
黄  銅 250〜300
アルミニウム青銅 150〜200
燐青銅 150〜200
砲  金 150〜200
珪素青銅、キュプロニッケル 70以下

ページトップへ